Acoustic Performance Collection


出演者紹介②

生田敬太郎
d0175121_1603687.jpg

オレが初めて彼と出会ったのは、'71年頃の吉田拓郎の深夜番組だった。
拓郎は「日本語のロックをはじめて感じた。彼はプロ中のプロだ!!」、
たしかその様なことを言っていたと思う。オレはその後も彼のLIVEを聴いていたが、
実は彼こそが日本のソウルマンだったのだ。
フォークシンガーのくくりに入れられ、窮屈そうにしていた彼が、
いつか自由に歌いだすことを待っているひとりのファンがいる。
※アコパ・スタッフ談
マイスペースはこちら

佐藤龍一
d0175121_22422651.jpg

フォーク/ブルース系のシンガー・ソングライターで、
弾き語りのオリジナル/オリジナル訳洋楽カバーを歌っています。
デビューは1972年(エレックレコード/竜とかおる)
1976年までにソロ/ユニットでアルバム2枚、シングル4枚リリースして活動を休止。
海外放浪、ゲーム音楽制作、専門学校講師などを経て
2007年春、活動再開。新宿、船橋でマンスリーライブスタート。
2008年、SoundFORTEよりアルバム「LOST&FOUND」全国発売
2009年、ライブ126本
2010年5月、大森「風に吹かれて」でジョイントライブ・シリーズ「リアルな歌が聴きたいんだベイベー」をスタート
中川五郎、生田敬太郎、斉藤哲夫、野沢享司、ケメ、マーク(ガロ)、佐渡山豊などと競演。
沖縄・宮古島ツアー。神奈川、千葉、東京で自作絵画展を開催。年間ライブは100本を越える予定。
オフィシャル・ウェブサイトはこちら

西一馬
d0175121_22521231.jpg

1978年生まれ。兵庫県出身。
ギタリストとしてのバンド活動を経て、2008年にソロ活動を開始。
2008年10月、3曲入りデモCD「85%」を自主制作。
現在はマイペースに、主に弾き語りで都内を中心にライブ活動中。
マイスペースはこちら

青木久枝
d0175121_18525931.jpg

高校時代に60、70年代ロックに影響を受けバンド活動を始める。
現在ジャズ・ボーカリストとして新中野"SEA"や、落合"ユーラシアン"などのジャズクラブ、
ラウンジ・バー等で唄う他、アコースティックライブ(ロックのカバー)を行う。
マイスペースはこちら

菊地のりよし&ザ・ヒューマンタッチ
d0175121_2385021.jpg

所沢系飲んだくれバンド。
メンバー:菊地規孔(G.Vo.)、マカ (B.)、吉村(Per.)
10曲入りCD「江古田⇔新所」絶賛発売中!
ブログはこちら
[PR]
by acoper | 2010-09-05 22:54 | アコパー出演者紹介

<< アコパIN町田Vol.1無事終了!      アコパスタッフ >>

カズホのブログへようこそ!!
by acoper
アコパブログ
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧