Acoustic Performance Collection


ガヤガヤ阿佐ヶ谷

11月14日(日曜日)
緊張と興奮のためか妙に早起きしてしまい。持っていく荷物を再チェック。阿佐ヶ谷の商店街での路上イベントなので全ての機材たちを持参しなければいけない、忘れ物は許されない。しかも移動の足はプレスカブのみ、いったいぜんたい本当に積み切れるのか不安だったが、モニターアンプにミキサー、マイクやケーブル類にマイクスタンドなどなど、なんとかカブにくくりつけて、肩にはオヴェイションを担ぎ、阿佐ヶ谷まで約25分のドライヴ。
プレスカブの「カブホ」はこんな感じ、(完全に過積載やろ!)。
c0166252_023093.jpg

12時前に阿佐ヶ谷松山商店街到着。ライヴ会場である「魚義」さんの店主にごあいさつ。でも、魚屋だと聞いていたが、魚のケースなどは置いていない店内(?・・・)。話を聞くと魚屋は廃業し、今は包丁やハサミを研ぐこと生業としていると言うファンキーなご主人。めっちゃ江戸っ子な感じに江戸っ子の俺もタジタジでした・・・。
ミキサーやモニターのセッティングも済み、音出ししてみると意外にもクリアな出音に自己満足。これなら機材をカブで運び、電源さえあれば日本国中どこでもライヴができるぞ!などと思ってニコついていた俺でした。
出演者もぼちぼち到着し、13時からライヴスタート。

c0166252_827337.jpg

トップバッターは「よねやまたかこ」(通称タック)。彼女の唄はどことなく路上イベントに似合うような気がしてトップバッターで登場してもらったが、やはり正解だった!。夕暮れより真昼の商店街にふさわしい楽曲を披露してくれて、魚屋さんのBGMになりえるであろう「陸を歩く魚」と言う曲は俺がバックでベース弾いていた頃を思い出してしまい、おもわず涙・・・。コンサルティナ弾き語りもグッドでした。
c0166252_8282861.jpg



c0166252_8285672.jpg

続いて「幽霊会社みちづれ」君。
なぜに死装束???。と思う方が大半だろうが、聞いているうちにそんなことはどうでもよくなってしまうほどの歌唱力に圧倒された!。しかも楽曲はソウルフルですこぶる気持ちE!。
c0166252_8293557.jpg

魚義のご主人が拝み倒すの図(笑)。

c0166252_8313918.jpg

そして、5月のゆうやけ市にも出演した「林口裕幸」。
とにかく熱い唄を歌う男さ!。でも年がら年中酔っ払っているのが、たまにきず・・・。
「レノンのよに~」いい歌だな~。何度も聞いてるけど、やっぱシンパシー感じるぜいぇ!!!。

c0166252_8321080.jpg

そんで、「角刈りデートクラブ」。
ぶちかましてくれたぜぃえぃ!。
もう説明不要だよね。。。ヴォーカルのハセちゃんはいつもどおり日常に渦巻くブルースをこの日も吐き出しまくってくれたし、ウッベーの池ちゃんもノリノリだった。路上魂全開だったよ。
c0166252_8471242.jpg

※写真は貴子フラワーに群がる子供たち

c0166252_8324382.jpg

飛び入りの美季マドカ嬢。
演歌風な歌謡曲風なオリジナルを歌うシンガー。
えんじの別珍のジャケットが似合ってました。

c0166252_121536.jpg

で、陽もどっぷり暮れてしまい「上野誠」の登場。
ギターテクも楽曲もお気に入りのシンガーだ!。

c0166252_1523844.jpg

最後に俺の出番はゆうやけ市ならぬ、ゆうやみ市でしした。

c0166252_8502233.jpg

近所の大阪風味お好み焼き屋さんにて、ささやかな打ち上げ。
店内は満席だったので、店先で勝手に持参の椅子等を広げ、ねぎ焼きや牛すじ煮込みを堪能。
路上から始まって路上で終わる一日、路上魂!、素晴らしい!。
[PR]
by acoper | 2010-11-18 00:10 | ライヴ報告

<< 牛をCOW!!      ウィーピング・イン・町田 >>

カズホのブログへようこそ!!
by acoper
アコパブログ
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧