Acoustic Performance Collection


ポップな地下室。


日曜日。
今年初めてのAcoustic Performance Collection(通称アコパ)ホンチャン@吉祥寺。
アングラが似合うけど実はポップな3組が集まってくれた。これぞアコパ!。

15年くらい前の、澁谷ジアンジアン(元祖アコパ)や相模原メイプルホールでのナチュラルタッチ、
アコム(Acoustic Movement)、上野野外音楽堂でのアコヴォ、等のイベントに
出ていたメンバーが勢ぞろいしたライヴだった。

d0175121_445364.jpg

トップバッターは件(KUDAN)。
BYTZ RECORDS主宰の橋本はじめ率いるユニット。
http://bytz.main.jp/bytzrecord.html
俺が橋本さんのステージをはじめて見たのは、'89年か'90年(?)の吉祥寺Be-Pointだったかな?。
そんときはアコギじゃなくて、ギタリストとしてFenderのムスタングを弾いていた(と思う。全部ウル覚えでスマソ)。
当時の彼のバンドを今は亡き「代々木チョコレートシティー」(通称ヨチョコ)で見たりしていたので、ギタリストと言うイメージが強かったが、実は泣く子も黙るシンガーソングライターなのだ!。その鋭い声とカキムシル・ギターに寄り添う88鍵の全てを使い切ったゴウジャスなヤノピ。歌詞を突然思いついたかのようにささやく朗読、そして予期せぬブレイク(タセット)!。どれをとっても計算づくなのだろうが、とても自然に、聞いているものを裏切ってくれる。これぞ!まさに快感・・・なステージだった。
4月にニューアルバムのレコ発ライヴがあるらしいので、要チェック!!。


d0175121_4453116.jpg

2番目に登場は土屋直之。
アコパを企画し始めてからやたらと「久しぶり~」な方々に遭遇する(まあ、自分で呼んでいるわけだが)。
彼もそんな中の一人で、14年前の相模原メイプルホールでのイベント「ナチュラルタッチ」でタイバンになって以来の再会。その当時は「前座エース」と言うバンドをやっていた彼は現在弾き語りで活動中。いろいろなタイプの曲たちを淡々と歌ってくれ、風貌に似合わずお茶目なふるまいも披露してくれた(笑)。ぜひ、南町田スリフトモールで一緒に修行しましょう!!(笑)。

d0175121_4455065.jpg

そしてオオトリは竹内紀&モリシゲ。
もう説明不要のアコパ・レギュラーの二人組み。
この日もグルーヴィーかつモーダルな演奏を披露してくれて、至福のひととき。
紀さん、新曲かっこよかったぜいぇ!。
アコパMyspaceに動画上げました。
http://www.myspace.com/acoper/videos

音楽を続けていてくれて、ありがとう、感謝、おおきに、thanks。
こういうひとたちにあいたくてアコパをやり続けているのだ。。。。
[PR]
by acoper | 2011-02-24 04:47 | ライヴ報告

<< アコパの春がきた      もうすぐです!! >>

カズホのブログへようこそ!!
by acoper
アコパブログ
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧