Acoustic Performance Collection


カテゴリ:ライヴ報告( 22 )



アコパこけらおとし

記念すべき相模大野アコースティック・パフォーマンス・コレクションにおいての初ライヴ!!。
初ライヴは俺にやらせろ!と見事のたまってくれた竹内紀をメインアクトとし、
前座にその紀さんを敬愛してやまない長谷川直樹が参加。

アットホームな雰囲気の中、ふたりとも全身全霊を込めたそれぞれの「ブルース」を披露してくれた。
前座とは言えみっちり40分のステージを歌い切ってくれた長谷川は、ウッベーの相棒がいる普段の「角刈りデートクラブ」とはまるで違う存在感とステージングで観客を魅了してくれた。
彼にとっても彼をよく知るお客さんたちにもその楽曲たちに集中して楽しめるステージだったのではないだろうか。
「アコパ」それはもともと渋谷ジアンジアンから始まったイベント。出演者はもちろんお客さんにまで緊張感をしいる箱の雰囲気は、舞台にギター一本を抱えて立つミュージシャンにとって自分を知る唯一の場所だったはずだ。相模大野アコパはそんなかつてのジアンジアンとは違ってアットホームな飲み屋だけど、己(おのれ)を知る場所としていろんなミュージシャンが出演してくれたら嬉しいよ。

そんで、竹内紀登場。言わずと知れたアコパの重鎮にしてアコパの精神である紀さんは、この日も気負いのないステージを繰り広げてくれた。己を知っている彼だからこそできるパフォーマンス、自分のリズムにハーモニー、強弱を利かせたギター。よく知っている曲でも、まるでステージに立ってから曲作りを始めているかのような錯覚に陥る。彼のライヴは本当の意味で「ライヴ」なのだ。ぜひ、生で目撃して欲しい。もちろん相模大野アコパのステージでね・・・。

大サービスで動画上げちゃいました!!。ごらんあれ。

長谷川直樹

竹内紀

竹内紀のウェブサイト
角刈りデートクラブのウェブサイト
文責:深野一穂
[PR]
by acoper | 2011-07-24 16:54 | ライヴ報告


台風一過の町田ラーメン酒場。

台風が熱気を払いぐっと気温下がった7月木曜晩、
恒例「町田ラ-メン酒場アコパvol.6」がとり行われた。

今回の出演者は、ガットギター弾き語りの麗人・廣瀬康子嬢と、
体臭酒場系ブルース野郎・角刈りデ-トクラブ長谷川直樹氏
(この日はソロ登場、急遽「角切り」に名称変更)。

対象的な組み合わせだが、両者仲良く夏風邪に冒されており、
ステージ前は二人ともゲホゴホ咳込んでいた。
しかし歌い始めたらさすがプロ、エヘン虫達まるごとすべて飲み込んで、
康子嬢は色気たっぷりのアルトボイスへ、
d0175121_20164717.jpg

角切り直樹氏は絞りだすような魂の叫びへとトランスフォーマムさせていったのはお見事。
康子嬢のしっとり染み込むドラマティクな歌詞に落涙し、ラ-メン塩味濃度増す者多々。

角切り直樹氏の熱く激しいグルーヴにゆらゆら揺られ続け、酔いが強度に廻る者続々。
終演後も二人と観客交えて「愛とは何か?」「暴力とは何か?」と
トンカツと生姜焼きが飛び交うようなト-クが繰り広げられた、熱い夜だった。
みなさん夏風邪お大事に~
(ライヴ報告 By HALUKA)

d0175121_20172065.jpg

HALUKAユニットのウェブサイト
[PR]
by acoper | 2011-07-23 09:55 | ライヴ報告


「それぞれの思いを歌にして」

街中のガソリンスタンドは売り切れのため閉店。スーパーやコンビニの棚もガラガラで、新宿や澁谷のネオンサインも消え、いつもの都内とは大違いのゴーストタウン。町田までバイクで行くのはあきらめ、新宿からの小田急線を目指す。すし詰めでノロノロ運転の急行に揺られ1時間で町田までたどり着いた。

アコパIN町田@ラーメン酒場。今回で4回目をむかえる。

c0166252_14473295.jpg


ラーメン酒場初登場の「輪(りん)」ちゃん。その透き通る歌声に誰もが安らぎを覚えたに違いない。

c0166252_15026100.jpg


「角刈りデートクラブ」。地震のあと初めて会えたので、ただそれだけで嬉しかった・・・。
ミュージシャンは普段どおりのことをやるしかないのだが、いろいろな音楽イベントが中止になっていて、苦しんでいるミュージシャンもかなりいる。ミュージシャンに限らず仕事がなく困っている方々も多くいる。
そんなたくさんのそれぞれの思いを歌や話で聞けた貴重な時間を持てたと思う。節電のためお店は22時で早めに閉店し、2時間キッカリのイベントは幕を閉じた。
来てくださった方、出演者たち、ラーメン酒場マスター、ありがとう。

※追記:
「角刈りデートクラブ」と「輪(りん)」をふくむ3組の出演を予定していたが、やむをえない事情で一組不参加になってしまった。誰もが精神的に不安を抱えているであろう昨今、このイベントに「参加するかしないかは出演者個人の意思を尊重する。」と言う前提で開催を決めた。思い悩むことは悪くない、こういった状況の中でこそしかたどり着けないそれぞれの思いもある。そんな思いを俺にいろいろ打ち明けてくれたキミに感謝します。
また一緒に歌える機会を必ず作るよ!!。※
被災地の一日でも早い復興を願ってます。
[PR]
by acoper | 2011-03-18 15:35 | ライヴ報告


ポップな地下室。


日曜日。
今年初めてのAcoustic Performance Collection(通称アコパ)ホンチャン@吉祥寺。
アングラが似合うけど実はポップな3組が集まってくれた。これぞアコパ!。

15年くらい前の、澁谷ジアンジアン(元祖アコパ)や相模原メイプルホールでのナチュラルタッチ、
アコム(Acoustic Movement)、上野野外音楽堂でのアコヴォ、等のイベントに
出ていたメンバーが勢ぞろいしたライヴだった。

d0175121_445364.jpg

トップバッターは件(KUDAN)。
BYTZ RECORDS主宰の橋本はじめ率いるユニット。
http://bytz.main.jp/bytzrecord.html
俺が橋本さんのステージをはじめて見たのは、'89年か'90年(?)の吉祥寺Be-Pointだったかな?。
そんときはアコギじゃなくて、ギタリストとしてFenderのムスタングを弾いていた(と思う。全部ウル覚えでスマソ)。
当時の彼のバンドを今は亡き「代々木チョコレートシティー」(通称ヨチョコ)で見たりしていたので、ギタリストと言うイメージが強かったが、実は泣く子も黙るシンガーソングライターなのだ!。その鋭い声とカキムシル・ギターに寄り添う88鍵の全てを使い切ったゴウジャスなヤノピ。歌詞を突然思いついたかのようにささやく朗読、そして予期せぬブレイク(タセット)!。どれをとっても計算づくなのだろうが、とても自然に、聞いているものを裏切ってくれる。これぞ!まさに快感・・・なステージだった。
4月にニューアルバムのレコ発ライヴがあるらしいので、要チェック!!。


d0175121_4453116.jpg

2番目に登場は土屋直之。
アコパを企画し始めてからやたらと「久しぶり~」な方々に遭遇する(まあ、自分で呼んでいるわけだが)。
彼もそんな中の一人で、14年前の相模原メイプルホールでのイベント「ナチュラルタッチ」でタイバンになって以来の再会。その当時は「前座エース」と言うバンドをやっていた彼は現在弾き語りで活動中。いろいろなタイプの曲たちを淡々と歌ってくれ、風貌に似合わずお茶目なふるまいも披露してくれた(笑)。ぜひ、南町田スリフトモールで一緒に修行しましょう!!(笑)。

d0175121_4455065.jpg

そしてオオトリは竹内紀&モリシゲ。
もう説明不要のアコパ・レギュラーの二人組み。
この日もグルーヴィーかつモーダルな演奏を披露してくれて、至福のひととき。
紀さん、新曲かっこよかったぜいぇ!。
アコパMyspaceに動画上げました。
http://www.myspace.com/acoper/videos

音楽を続けていてくれて、ありがとう、感謝、おおきに、thanks。
こういうひとたちにあいたくてアコパをやり続けているのだ。。。。
[PR]
by acoper | 2011-02-24 04:47 | ライヴ報告


角初め・・・(かくぞめ?)。

先日今年初めてのアコパ開催。
アコパ忘年会でお世話になった町田ラーメン酒場にて
初登場の「ちくわぶ」と、おなじみ「角刈りデートクラブ」の対決!。

「ちくわぶ」はヴォーカル&スライドギター&カズー担当のEMMA嬢と、
ベースランニングがかっこいいエピフォン・ギター担当のリヒト氏のユニット。
オリジナル曲にジャズスタンダード、泳げタイヤキ君も織り交ぜた素晴らしいステージ。
めちゃくちゃ楽しそうに演奏する二人を見ていると、こっちも自然と笑みが、
"That's Entertainment!!".
歌詞なんかにも遊び心があって、「障子にメアリーさん」「開国してくださいな」などなど
一度聞いたら忘れない歌詞をブルージーに歌い上げてくれた。
もう1ステージ目からお客さん&スタッフ&出演者、みな興奮のルツボ!。
2ステージ目は「角刈りデートクラブ」。
ほとんど新年会ノリでのっけからめちゃくちゃ盛り上がり、EMMA嬢のファルセット立小便スキャット(?)にカズーも飛び出し、上野君の"Oh,Yeah!!"も飛び出し、スタッフKOUGA&マリリンも奇声を発したりシェーカー振ったり、俺も歌い転げて、もうスッチャカメッチャカなラーメン酒場でダバダなステージだった!!。
ベースの池ちゃんはベースを新調したらしく、今までよりもアタック感が強いビートを打ち出していて、サウンドもめっちゃ心地よかった。

そんで、この日のスペシャルゲストの上野誠のステージも二組の余韻をひきずったままドトウのステージ。
観客のパワーに圧倒されてしまったのか途中で歌詞が飛んでたぞ、修行が足りん!!(カツ!)。

で、そのままのノリで俺も2曲歌わされてしまったが、かなり酔っ払っていたので、覚えてましぇ~ん。

とにもかくにも新年一発目のアコパIN町田は無事終了。
今年も町田ラーメン酒場は熱いです。おいしいスープ煮えてます・・・。
d0175121_2326818.jpg

[PR]
by acoper | 2011-01-24 23:26 | ライヴ報告


今年最後のアコパ

先週の日曜日はアコパのホンチャン4回目。
9月からアコパと言うイベントをやり始めて、町田で2回、阿佐ヶ谷で1回の番外編を合わせると、
じつに7回目!。短期間のうちに7回ものイベントをオーガナイズするなんて夢にも思わなかったし、
大きなトラブルも無く、とりあえず今年のアコパは最終日を迎え正直ほっとしている・・・。

12月12日
この日はアコパ年末大感謝際!と言うことで、5組の厳選したメンバーが集まってくれた。
c0166252_20187.jpg

一人目は、この夏渋谷のライヴハウスでタイバンになって知り合ったミュージシャン「西一馬」。
彼の独特な声でつむぎだされる楽曲は、ポップでいてシンプルでもありながら深みのある歌たちばかり、まるでアコパと言うイベントが発信していきたい「歌」というものを具現化してくれているようなステージだった。

c0166252_221433.jpg

2番手は「菊地のりよし&ヒューマンタッチ」。
ギター、ベース、コンガ、マンドリンの4人のアコパにしては大所帯バンド。西武池袋線ネタからシモネタ(?)やラヴソングまで守備範囲は広い!。ゴキゲンなサウンドで魅了してくれた。

c0166252_2391365.jpg

そんで「青木久枝 with KAZZHO」。その昔、フリーやジャニスなどのロックを歌っていたチャーさんはいつのまにかジャズヴォーカリストになっていたので、ピアノトリオで出てもらおうとしたのだが、なぜか俺がギターを弾くはめに・・・。ジャズスタンダードとロックの名曲を織り交ぜてお送りしたけど、スウィング感は簡単に身につくもんじゃないな!。
http://www.myspace.com/acoper/videos

c0166252_1144761.jpg

そして「佐藤龍一」さん。年間100本以上のライヴをこなす鉄人だっ!。
自ら出演を希望してくれた龍一さんのステージを見るのはこの日が初めてだったので、どんなステージを見せてくれるか楽しみにしていたのだが、期待を裏切らないパンク小僧ぶりをみせつけてくれた!。
ものすごいコード進行の「チープ・スリル」と言う曲に完全にやられたぜいぇ!!。

c0166252_124376.jpg

最後に登場の「上野誠」。今年の初めに知り合ったとてもイカしたミュージシャンの彼とは、もう何回共演したのかわからないくらいなのだが、龍一さん同様、年間100本以上のライヴをこなすタフガイだ!。
ギターのリフが特徴的でグングン曲が広がっていく感じの良い歌持ってるんだよ。ライヴ後半、ぶっつけ本番でステージに呼ばれて、ギター小僧対決!。「輪になって」と「月光列車」の2曲をセッション。
c0166252_135879.jpg

いやぁ~楽しいのなんのって!これだからミュージシャンはやめられないよね。
http://www.myspace.com/kazzhofukano/videos
最後の最後は、上野君と龍一さんと俺で、静かなセッション。イベントにはこういう光景が必要だよね。なんて思った今年最後のアコパでした。
c0166252_1383027.jpg


♪来年のアコパ予定

★2010年1月20日(木)
アコパ In 町田 VOL.2 ラーメン酒場
17:00 open 20:00 start
入場料:投げ銭+飲食代
出演:ちくわぶ、角刈りデートクラブ
東京都町田市原町田4-4-16
042-725-9732
http://m-nidaime.sakura.ne.jp/top.html

★2011年2月20日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.5
吉祥寺 The Foxhole
出演:KUDAN,竹内紀&モリシゲ、土屋直之。

★2011年3月13日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.6 ひな祭りスペシャル
吉祥寺 The Foxhole
出演:よしだよしこ、廣瀬康子、HALUKAユニット。

★2011年4月10日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.7
吉祥寺 The Foxhole
出演:シバ、鹿嶋敏行、梅原典之。
[PR]
by acoper | 2010-12-20 01:53 | ライヴ報告


牛をCOW!!

先日の日曜日、吉祥寺でのアコパ第3回目。
今回も凄いメンバーにお越しいただいての、濃いぃ夜だった。
d0175121_1238.jpg

竹内ゆえさんの生歌を聞くのは10うん年ぶり!。
シュールな歌の世界観は健在で、ぶれないギターカッティングが心地よい。
その存在感に圧倒されつつも、おちゃめな面をちらっとのぞかせるステージング。
「牛売り牛売り~♪」を連呼するキャッチーな?サビを太い声で歌われてしまうと
牛を買いたくなってしまうほどの説得力!。凄い!。素敵でした!!。

d0175121_114155.jpg

KAZZHOこと俺のステージは古い曲を中心に進めてみた。
しかも生田敬太郎さんのブルースハープと共に、、、
となりで敬太郎さんがハープを吹いているなんて、自分ではまったく信じられない光景だったのだが、
音楽を一緒に奏でられる幸せに浸れた贅沢な夜でした。
動画はこちら

d0175121_1201716.jpg

そして敬太郎さん。
まったくもってマイペースな彼のステージには、歌を歌うこと、ギターを弾くこと、を常に楽しんでいる姿勢を感じた。躍動する音楽。常に変化していく感情。そして自分。本当の表現者とは彼のような人のことを言うんではないだろうか?。そんなことを感じさせるステージだった。
d0175121_1324127.jpg

そしてアンコール。3人で「この暗い時期にも」・・・。不滅の名曲で幕を閉じた。
アコパマイスペースにも動画を上げてます。
次回アコパ:
★2010年12月12日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.4
吉祥寺 The Foxhole
出演:上野誠、西一馬、佐藤龍一、
青木”チャー”久枝with KAZZHO
菊地のりよし&ザ・ヒューマンタッチ。
[PR]
by acoper | 2010-11-24 01:43 | ライヴ報告


ガヤガヤ阿佐ヶ谷

11月14日(日曜日)
緊張と興奮のためか妙に早起きしてしまい。持っていく荷物を再チェック。阿佐ヶ谷の商店街での路上イベントなので全ての機材たちを持参しなければいけない、忘れ物は許されない。しかも移動の足はプレスカブのみ、いったいぜんたい本当に積み切れるのか不安だったが、モニターアンプにミキサー、マイクやケーブル類にマイクスタンドなどなど、なんとかカブにくくりつけて、肩にはオヴェイションを担ぎ、阿佐ヶ谷まで約25分のドライヴ。
プレスカブの「カブホ」はこんな感じ、(完全に過積載やろ!)。
c0166252_023093.jpg

12時前に阿佐ヶ谷松山商店街到着。ライヴ会場である「魚義」さんの店主にごあいさつ。でも、魚屋だと聞いていたが、魚のケースなどは置いていない店内(?・・・)。話を聞くと魚屋は廃業し、今は包丁やハサミを研ぐこと生業としていると言うファンキーなご主人。めっちゃ江戸っ子な感じに江戸っ子の俺もタジタジでした・・・。
ミキサーやモニターのセッティングも済み、音出ししてみると意外にもクリアな出音に自己満足。これなら機材をカブで運び、電源さえあれば日本国中どこでもライヴができるぞ!などと思ってニコついていた俺でした。
出演者もぼちぼち到着し、13時からライヴスタート。

c0166252_827337.jpg

トップバッターは「よねやまたかこ」(通称タック)。彼女の唄はどことなく路上イベントに似合うような気がしてトップバッターで登場してもらったが、やはり正解だった!。夕暮れより真昼の商店街にふさわしい楽曲を披露してくれて、魚屋さんのBGMになりえるであろう「陸を歩く魚」と言う曲は俺がバックでベース弾いていた頃を思い出してしまい、おもわず涙・・・。コンサルティナ弾き語りもグッドでした。
c0166252_8282861.jpg



c0166252_8285672.jpg

続いて「幽霊会社みちづれ」君。
なぜに死装束???。と思う方が大半だろうが、聞いているうちにそんなことはどうでもよくなってしまうほどの歌唱力に圧倒された!。しかも楽曲はソウルフルですこぶる気持ちE!。
c0166252_8293557.jpg

魚義のご主人が拝み倒すの図(笑)。

c0166252_8313918.jpg

そして、5月のゆうやけ市にも出演した「林口裕幸」。
とにかく熱い唄を歌う男さ!。でも年がら年中酔っ払っているのが、たまにきず・・・。
「レノンのよに~」いい歌だな~。何度も聞いてるけど、やっぱシンパシー感じるぜいぇ!!!。

c0166252_8321080.jpg

そんで、「角刈りデートクラブ」。
ぶちかましてくれたぜぃえぃ!。
もう説明不要だよね。。。ヴォーカルのハセちゃんはいつもどおり日常に渦巻くブルースをこの日も吐き出しまくってくれたし、ウッベーの池ちゃんもノリノリだった。路上魂全開だったよ。
c0166252_8471242.jpg

※写真は貴子フラワーに群がる子供たち

c0166252_8324382.jpg

飛び入りの美季マドカ嬢。
演歌風な歌謡曲風なオリジナルを歌うシンガー。
えんじの別珍のジャケットが似合ってました。

c0166252_121536.jpg

で、陽もどっぷり暮れてしまい「上野誠」の登場。
ギターテクも楽曲もお気に入りのシンガーだ!。

c0166252_1523844.jpg

最後に俺の出番はゆうやけ市ならぬ、ゆうやみ市でしした。

c0166252_8502233.jpg

近所の大阪風味お好み焼き屋さんにて、ささやかな打ち上げ。
店内は満席だったので、店先で勝手に持参の椅子等を広げ、ねぎ焼きや牛すじ煮込みを堪能。
路上から始まって路上で終わる一日、路上魂!、素晴らしい!。
[PR]
by acoper | 2010-11-18 00:10 | ライヴ報告


ウィーピング・イン・町田

先日の木曜日は町田ラーメン酒場で行っているイベント「アコパ・イン・マチダ」の第2回目。
アコパ町田支部長の角刈りデートクラブVS俺(KAZZHO)と言う組み合わせは今年に入ってからイヤと言うほど経験しているが(8回目か9回目・・・)、南町田スリフトモールでの修行の末に、どんなステージや酒場でも平常心で演奏できる術を身に付けていた自分に気づいた(笑)。ラーメン酒場はその名のとおり酒場なのでお客さんとのやり取りはかかせないわけで、客席からの質問攻撃にも受けて立ちつつ、曲に入ってしまえばこっちのもの!、悲しくてやりきれない気持ちたちをたんたんと10曲ばかり歌ってまいりやした。
d0175121_0434643.jpg


続いてアコパ初登場の「アチャ」君。たくましいガタイに似合わない優しい気持ちの歌を2曲弾き語ってくれたけど、終わってからテキーラストレートなんかをがぶ飲みしていてうつろな目に・・・ダイブージョだったんだろうか?。
d0175121_0474822.jpg


お次は「角刈りデートクラブ」。ハセちゃん体調悪そうだったけどめちゃくちゃ熱いステージング。ベースの池ちゃんのフィードバック奏法や、角刈りにしてはめずらしいラヴソングなんかも聴けてこれはお徳なライヴ。ウィーピングハープ・植村氏の飛び入りのハモニカも場内を盛り上げ、感動のるつぼ。アコパ・イン・マチダはかなり楽しめるイベントですよ、本当に!!。
d0175121_121275.jpg


d0175121_121261.jpg

で、ブルースハープの植村氏はハーピストでありながら実はレザークラフトを趣味にしていまして、こんなにかっこいい本皮製のハーモニカホルダーを投げ銭代わりにいただいてしまいました!。
d0175121_11933.jpg

ねっ、かっこいいでしょ!夕焼けのガンマン風味さ!。開くとこんな感じです。
d0175121_171129.jpg

アコパのメールにてオーダー受け付けます。acoper2010@yahoo.co.jp あっ、これ宣伝ですよ。

そして次回ライヴは今日の日曜日「アコパ・イン・阿佐ヶ谷」です。
★2010年11月14日(日)
アコパ IN 阿佐ヶ谷ゆうやけ市
13:00~18:00 
阿佐ヶ谷駅北口松山商店街「魚義」前特設ステージにて
もちのろん入場無料です!。
出演:よねやまたかこ、林口裕幸、角刈りデートクラブ、上野誠、幽霊会社みちづれ、KAZZHO
[PR]
by acoper | 2010-11-13 01:18 | ライヴ報告


チーチキチーチキ・キチジョウジ・・・

アコパ第2回目終了。

やっとのことでフォックスホールが開店に漕ぎ着け、ドアも付いたし(笑)前回のような騒音による苦情もこないだろうと、安心して開場入り。しかし今回も凄いゲストを呼んであるし、機材などにソソウがあってはいけないと少し緊張しつつリハーサルの準備にかかる。実はHALUKAユニットのヒーロー氏が英国製のサンクラと言うイカしたミキサーをアコパに寄贈してくれたのでさっそく使ってみた。リハではそのヘッドアンプの威力がわかんなかったけど、本番で野澤氏のぶったたくマーチンがクリップしていても全然ヒズむ感じがせず、余裕のヘッドルームに驚愕。前回使ったべリンガーだったらご臨終だったかもしれない・・・。と、機材の話がもっと聞きたい人はおれに電話してくださ~い。

でトップバッターの「スリーフィンガーズ」。
d0175121_2145616.jpg

タックとハリーのフォークデュオである。1969年ごろのフォークソングや歌謡曲が彼女たちの好みらしい。曲を紹介するとき、いちいち「19○○年のヒット曲です」と年号を正確に言わないと気が済まないらしい(マニアごころをくすぐるMCだ)。トレードマークはバンダナらしい。「タックとハリー」と言うニックネームは、アメリカの夫婦デュオの名をもじったらしい。スリーフィンガーズと名乗るわりにはギターのスリーフィンガー奏法がどうやら苦手らしい。タックは自分のギターに「真知子」と言う名を付けて一緒に寝ているらしい・・・。と、まったくライヴレビューになっていませんが、、、ふたりそれぞれのキャラクターや歌い方が対照的でありながら、ハモりはじめると綺麗に重なったりしていて面白い効果が出ていたよ!。なんかいいコンビだな・・・。

d0175121_218816.jpg

そして野澤享司さん。
オープンチューニングのマーチンD28と、レギュラーチューニングのエピフォンFT45cortezを曲によって使い分け、歌によってギターの響かせ方も絶妙にコントロールしている演奏は圧巻だった。チョーキングするときの表情にギタリスト魂を感じた!。優しい歌に、とぼけた味のMCも最高でした!。

d0175121_21241696.jpg

最後は斉藤哲夫さん。
数々のヒット曲を持っている人なのに奢りのないステージング、そして気負いのない衣装(笑)。凄くていねいにギターを弾きながら歌うから、歌がちゃんと人の心に入っていくような気がする。なんか最近まくし立てるように歌詞を詰め込みまくって歌っていた自分を反省・・・。
後半のステージでは野澤さんと共演し、ポップ感覚あふれる曲を連発し一気に最後まで。「転調」をちりばめた次回作を期待してま~す。

全ての演奏が終わって、スリーフィンガーズの二人は憧れのアイドルたちと同じステージに立てたことをえらく喜んでいたので、イベントやって良かったなぁ、としみじみしつつ、チーチキ「吉祥寺」の闇に消えたのさ。

♪アコパ・ニュース♪
・11月14日(日)阿佐ヶ谷ゆうやけ市に急遽参加決定!!。
・来年2月”KUDAN”の出演決定!!
・来年3月”よしだよしこ”さんの出演決定!!

★2010年11月11日(木)
アコパ In 町田 VOL.2 ラーメン酒場
17:00 open 20:00 start 入場料:投げ銭+飲食代
出演:角刈りデートクラブ、KAZZHO、
東京都町田市原町田4-4-16
042-725-9732
http://m-nidaime.sakura.ne.jp/top.html

★2010年11月14日(日)
アコパ IN 阿佐ヶ谷ゆうやけ市
13:00~18:00 
阿佐ヶ谷駅北口松山商店街「魚義」前特設ステージにて
出演:よねやまたかこ、林口裕幸、長谷川直樹、KAZZHO

★2010年11月21日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.3
吉祥寺 The Foxhole
出演:生田敬太郎、竹内ゆえ、KAZZHO。

★2010年12月12日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.4
吉祥寺 The Foxhole
出演:上野誠、西一馬、佐藤龍一、
青木”チャー”久枝with KAZZHO 、菊地のりよし&ザ・ヒューマンタッチ。

★2011年2月20日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.5
吉祥寺 The Foxhole
出演:KUDAN,竹内紀&モリシゲ、土屋直之。

★2011年3月13日(日)
Acoustic Performance Collection Vol.6  ひな祭りスペシャル
吉祥寺 The Foxhole
出演:よしだよしこ、廣瀬康子、HALUKAユニット。
[PR]
by acoper | 2010-10-24 01:01 | ライヴ報告

    

カズホのブログへようこそ!!
by acoper
アコパブログ
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
外部リンク
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧